友情を取るか、それとも愛情を取るかで悩んだ結果、私は友情を取りました

みんなの恋愛!セレブから友達の彼氏までどうやって付き合うの?

友達の彼氏に告白された事があります。
友達とは上手くいってなかったみたいで、私との方が上手くいきそうだと言われたんです。でも、私にとっては大切な友達。かなり悩みました。もしも、その男性がタイプではなかったらすぐに断ったんですが、私の方としてもその男性はちょっとタイプだってんです。

でも、ずっと断っていたんです。やっぱり友達を裏切れないって。
ところが、友達が彼と大ゲンカしたから別れた。と、言ってきたんです。ちょっとチャンス。と、思ってしまいました。
それから、男性の方からも友達とは別れたから付き合ってくれ。と、言われて。
付き合う事にしました。

でも、友達にはさすがに言えませんでした。だって、友達の別れた彼と付き合ってる。なんて、ちょっと言えないんですよね。それで、なんだか悪い事もしていないのに、隠れるような恋愛をするようになったんです。
でも、やっぱり友達の元カレって付き合いづらいんですね。
どこにデートに行っても、「前は...」とか、「去年は...」とか、男性が明らかに友人に未練を抱いているという事が分かっちゃったんですよね。

それに、友達の方も元カレの事が忘れられないらしく、ことあるごとに元カレの話しをするんです。
なんだか、だんだん辛くなってきてしまいました。それに、友達の寂しそうな顔を見るのも、罪悪感を感じてしまいました。
それに、男性が友達の事を忘れていない証拠に、半年たってもキスさえしてくれなかったんです。

だから、私はある事をして確かめる事にしました。思いきって聞いてみたんです。いつになったら、キスしてくれるのか。
男性は、なんとか誤魔化そうとしてました。私の事を大事にしたいとか。キッカケが難しいとか。でも、それって言い訳ですよね。高校生じゃあるまいし、二十歳もすんでいるのに、そんな言い訳は通じません。なので、私はキスをしてくれるようにせがみました。私の事が好きだったら、キスして欲しいと。自分でも、ちょっとズルい聞き方をしてるな。と、思いました。でも、同時にこれぐらい良いよね。とも思いました。だって、私がその男性の事を好きなのも本当の気持ちなんですもの。

男性は、少し躊躇した後、ぎこちなくキスしてくれました。それで、分かりました。
男性に尋ねれば、しばらく間があってから、やっと認めました。別れた後で後悔した事。出来ればもう一度友達とやり直したい事。素直に話してくれました。
私は、男性と友達の間を取り持つ事にしました。
ほんの少しですが、男性と付き合えた事は、私にとっては良かったです。もちろん、この事は友達には内緒です。

大人になってからの恋愛とセレブと知り合うには

45歳で転職しました。ファッション系の会社だったので所属した部署は女性が8人、男性が私を含め2人という職場でした。女性と言っても50代の既婚者のおばちゃんから20代の入社したばかりの女の子までさまざまでした。

私が営業で入社し、アシスタントに女性がついてくれました。ハキハキと喋り、仕事のこともよく知っている女性で、いつも明るい笑顔が素敵でした。今でいうとカーリング女子の吉田知那美ちゃんによく似ている感じの子でした。いつもニコニコ笑っていて、セクシーというよりもちょっとだけグラマーな感じの子です。ここではちなみちゃんとしておきましょう。

私が転職したてだったので、まだその会社のことがわからず、仕事のことから文房具の場所までなんでもかんでもちなみちゃんに聞いているうちに、だんだん仲良くなってきました。女性と仲良くなる方法はとにかく会話数を重ねることなんですよね。セレブが多いのも良いですね。

とはいってもこちらは45歳、ちなみちゃんは25歳で下手したら親子でもおかしくない年齢です。しかし仕事終わりに打合せもかねて何人かで飲みに行くようになり、一緒に仕事をしているので、ちなみちゃんと話す機会も多くなっていきました。

食べ物の趣味が似ていたため、ランチを二人で行くようになり、遅くまで二人で残業していると、「ちょっとごはん食べて帰りませんか」と誘ってくれるようになりました。まさか45歳になって、20代の小娘に誘ってもらえるとは思いませんでした。

ある時ちなみちゃんがボスに怒られてしょんぼりしながら遅くまで残業をしていました。見るに見かねて
「一杯だけ飲んでいかない」と誘いました。
かなり落ち込んでいるようで、普段はお酒の強い子ではないのですが、私の頼んだ日本酒をグイグイ飲んでいました。

だんだんろれつが回らなくなってきて、会社の不満をぶちまけ始めました。「だいたい○○さんがいけないんです。もっと部長にはっきり言ってやればいいんですよ」ととばっちりがこちらに来る始末。
居眠りを始めてしまったので、「うちまで帰れる?」と聞くと「帰れないかも」と言います。酔い覚ましにスタバのコーヒーでもと思いましたが椅子に座っていられる状況でもないので、タクシーでちょっと離れたところのホテルへ。近場で誰かに見つかっても困ります。

肩を担いで部屋まで上がり、ベッドにのせます。まだ酔っているようで、「○○さんがはっきりしないからいけないんですよ」といって私に倒れ掛かりながら二人でベッドへ。

彼女は私の上に覆いかぶさる様な体位になり、「あなたがはっきりしないからいけないの」といってキスをしてきました。若い娘のプルプルの唇が気持ち良くてされるままにしていました。
抱きしめられて、だんだん体全体を撫でてきます。私も彼女を抱きしめてみると、「そうそれでいいの」と彼女もさらに力を込めて抱きしめてきます。

この日は理性が勝って最後まではしませんでしたが、彼女には「次は、ねっ」と言われています。
このまま進んでいいのかどうかちょっと悩んでいますが、かなり楽しみにしてます。

情報提供サイト_婚活パーティーでセレブ婚!年収1000万以上のリアルな暮らしとは?おすすめ婚活パーティーサイト3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です